久しぶり・・・?

お、お久しぶりです!!

サボってたわけじゃないよ!?

存在を忘れてたんだよ?
リアルの方がしばらく忙しかったという言い訳だけさせてください

とりあえず生存報告だけですが
ROもログイン率下がり気味でしたが、またあの季節が来るというので復帰気味

また何かネタが…

お、お久しぶりです!!

サボってたわけじゃないよ!?

存在を忘れてたんだよ?
リアルの方がしばらく忙しかったという言い訳だけさせてください

とりあえず生存報告だけですが
ROもログイン率下がり気味でしたが、またあの季節が来るというので復帰気味


また何かネタがあれば更新できればいいなー(適当)

影葱GHMD簡易メモ

自分は忘れものが多いので自分用メモも兼ねて影葱GHMDのまとめを簡単に
最初の記事を書いたころからだいぶ環境も変わっていますし。

まず自分のキャラの現在のステとボムをする時の基本装備はこんな感じ
この時点でのレベル162

あとLoD盾

頭は敵に合わせて…

自分は忘れものが多いので自分用メモも兼ねて影葱GHMDのまとめを簡単に
最初の記事を書いたころからだいぶ環境も変わっていますし。

まず自分のキャラの現在のステとボムをする時の基本装備はこんな感じ
この時点でのレベル162
ボム装備













あとLoD盾


頭は敵に合わせてベベ、アリスなどに付け替えるとよいです、面倒ならどっちかだけでもOK
下段も自由、ボスの時は鉛筆とかがいいでしょうか
盾はVの方が重量的にいいんですがとりあえず保留で・・・’(精錬祭りとか来たら乗り換えるかな・・・)
鎧は軽ければなんでもいいです
肩もなんでもOK
ステについてはDEXがこのくらいあれば後は自由かなと、但し後述しますが、AGIがそれなりにない場合は全てボムでゴリ押しになるためHP剤の消費が増えます。


攻略に必要なものはズバリ
ボムの威力
これに尽きると思います、これさえあれば正直なんとかなります、逆になければ時間的にも重量的もきついです
ということでレベル160程度に素DEX120程度あればめったなことがなければクリアできます
自分の平均クリアタイムは40分程度

スキル
・ボム
・盗作:シールドスペル、アスペルシオ
・リジェクトソード
・プリザーブ

これくらいあればなんとかなります

持ち物
スタイルにより変わりますが、基本は
・サーフェイスペイント 500
・イグ実2~4
・火コンバ 1
・聖水 30
・アサイー 20
・孵化器、ペットのエサ
・%HPSP回復 適当に(300%分くらい)


こんな感じで回復剤はアバウトですがボムの威力キャラのINTやスタイルによって変わるので各自で試していくしかないかなと・・・
正直回復ほぼイグ実任せでもいいのですが、アムダの時は常にHPMAX付近を維持したいので普通の回復もあると便利かなと


攻略時の注意
・弓に対して3タゲ以上は基本持たない
・危なくなったらすぐボムで回避して一呼吸置く
・1f東西ではリジェクトソードは使用しない(MOBのスイッチが入って釣るのに面倒)
・万が一虫が出ても落ち着いてフェイントボム→バクステで逃げる
・アムダの時はリジェクトソードを忘れずに
・プリザの更新は確実に!!(影葱なら基本中の基本ですが)


死体の避け方をはじめ攻略の基本的な情報は長い方の記事を見てください(注意:すごく長いです)
まぁ影葱ならチェイスウォークしてればいいので問題ないですね!
あとはスタイルと状況に合わせて、敵をできるだけまとめてボムるか、被弾を避けつつボムるか等調節しながらで。



1F北の攻略について
影葱でのGHMDにおいての一番の壁は1F北エリアだと思います。
大量の弓と面倒なスキルを多く保有する魔眼、この二つが問題になるのですが。
ここの攻略法は今のところ3パターン成功しているのでちょっと紹介

☆素撃ち弓パターン
以前の攻略記事にて紹介した方法、もっともSP消費が少なくエコ、ただし一番時間がかかる
ASPD193推奨、スキル、ステがきつい、必要装備が多いので重量がつらいし準備も面倒
このため、ステやスキルが揃っていて時間、重量にある程度余裕があり、SP剤の消費を抑えたい場合に選択肢に入ります

装備
パッシブ弓装備








弓は火力が出れば何でもOK
、安価で威力が出るので自分はオクアチャにしてます
ASPD193になればよいので、AGI120になれば鎧はいらないんですが(早くレベルあげましょうね)

必要スキル ワシの目10
持ち物    鋼鉄の矢筒 10 BP1 サラマイン1~2

普通のレイドはボムで処理、レイド弓は素撃ち弓で倒す、タゲ数には注意
魔眼はこの辺からバックステップ

GHMD魔眼1

GHMD魔眼3



















あとは弓を撃つだけ、トイレタイムでもOK
(なんかHJくらってますが以前のSSの使い回しなので気にしないでね!)

☆トライアングルショット連打パターン
名前の通りトライアングルショットでごり押すパターン
もっともSP消費が多い(お察しの通りマッハ)、殲滅速度の関係で被弾はもっとも少ないと思われる、必要アイテムの重量が一番軽い
クリアタイムが一番早い
このためトライアングルショットを持っていてSP回復手段がある場合に便利

装備は弓矢だけ追加すればいいので楽チン
自分は上と同じオクアチャでいってますが、十分な殲滅速度が出ます。

持ち物 矢筒5個もあればOK BP1 サラマイン1

魔眼はトライアングルの射程の関係でどうしてもHJ範囲に入るため詠唱が見えたらバックステップor柱の射線切りで避ける必要があるり多少面倒
しかし1F北のクリアタイムは素撃ちの比ではありません、そしてSP消費も他の比ではありません・・・


☆BOMゴリ押しコース
もう全部BOMでいいや・・・、AGIなんてそんな振ってないよ!、弓スキルなんて取る余裕ない!
といった方は基本的にこれですね。
他と比べると、SP消費はそれなり被弾はもっとも多い
ペイントを100個程度多く持ってくる必要があるため重量に負担がかかる(ただし弓やその他の装備が重いので素撃ち弓の方が重量がきつい)
DEXさえ高ければいいのでボムの威力が出せる人なら誰でも攻略可能

装備 錐(普通ので十分威力出せます) 不死鎧orメドゥーサ盾

雑魚は不死特化でBOMですが、弓が密集している場所ではハイド→サプライズによる状態異常からのBOMやある程度釣ってからBOM等の工夫をすると被弾を減らせる(他にも有用な手段があれば是非教えてください!)
とにかく出来るだけ3タゲ↑をもらわないように。

魔眼は不死鎧orメドゥーサ盾装備を装備し錐に火付与でBOM→無敵時間中に近づく→BOMの繰り返し
ゲージを見てタイミングよくBOMをすれば被害を減らせますが、ディレイの関係で全部避けるのは困難
そのためSP吸収や場合によってはSBを食らうこともあるので、ある程度の消費は仕方ないですね。
とにかくやばいと思ったらBOMからバクステで逃げ、再度BOMからバクステ等で敵の至近距離に戻ればデモは置かれません
魔眼錐













ボム位置は壁を背にするとちょっとだけ楽になります。


簡易版の癖に長くなってきましたが・・・

2Fについて
・弓を最優先で倒す
・沸き判定があるMOB以外は基本無視

深淵に60kくらい出ればぐだった上で運が悪いとかでない限りはタイムオーバーにはなりません


アムダライス
注意点さえわかっていればここで負けることはありませんが、ラスボスだけあって多少面倒、自分のBOMの威力だと、この時点で10分残ってればクリアは確実、アムダ自体は3~4分で終わります

注意点
・爆裂後はリジェクトソードを切らさない
・沈黙、混乱は速やかに解除すること
・HJの詠唱はタイミングよくBOMで避ける


基本的に爆裂後のクリスラをリジェクト切れでHPが減った状態で貰わなければ負けません、ので負けることはないかなと

序盤はフィアーの状態異常とアムダの長い射程に注意してBOM
HJを使ってくるようになったら、HJ→闇GX→爆裂→クリスラの順番(間にフィアーが入ることあり)でスキルを使用してくるため
・爆裂後絶対に攻撃範囲に入らないようにする
・闇GXを使って来たら1度視界外に逃げしばらく待った後戻る

どちらのやり方でもいいです、時間がある場合は下のやり方の方が確実ではありますが好みですね。


と、こんな感じでやってれば比較的容易にクリア可能です。
問題はシールドスペルのAtkUpと2f東西が運次第ということ、そのため消耗品は余裕をもって用意する必要があるのですが、重量も辛いというジレンマ、2PCがあれば一番楽ではあります、回復剤も減らせますし
あとはBOMの威力を上げる、STRを上げる、INTを上げ最大SPを上げる
等でしょうか。

どちらにせよ修羅などと比べて消費は多いためペアや2PC等でいくと精神衛生上はよいでしょう
とはいえ魔力、時間結晶を合わせるとクリアできれば赤字にはならないのでご安心を

ではまた近いうちに更新できたらとは思っております、多分次回はただの雑記ですが。

メイルストームの使い道

またいつもの更新サボり病が発症してました、すいません。

ROの方はイベント中ですね、クエで経験値もらえるのはいいんですが、いらないアイテムが増えすぎて倉庫が大変になってます。

さて、今回のスキル、メイルストームですが、このスキルは簡単に言えば小さなLPみたい…

またいつもの更新サボり病が発症してました、すいません。

ROの方はイベント中ですね、クエで経験値もらえるのはいいんですが、いらないアイテムが増えすぎて倉庫が大変になってます。

さて、今回のスキル、メイルストームですが、このスキルは簡単に言えば小さなLPみたいなものですね、ですがメイルストームはEQも無効化できます、また一応ですがSP吸収効果があります、あとは、すでに発生したオブジェクトは消せないといったところでしょうか、吸収効果は現在MOBや自分のスキルでは吸収できなくなっているのでだいぶ使いやすさは減りました

EQを消せるのはとてもいいのですが、構成とか考えると影葱が入る枠が見当たらない。
ということで自分の影葱がこのスキルを有効に使ったことは一度もないということに・・・
ボムやFNを消してしまうのでソロ時もあんまり相性よくないですし。
メテオはある程度消せますが外側に降ってきた隕石の判定は当たるので注意

対人とかでは面白そうですけど狩りじゃなんとも使いづらいスキルですよね・・・
設置スキル使ってもらって回復するとかいう微妙な使い方も一応できますが
こんな感じで、さらにスキルツリーも辛いので正直切る方がよさそうなんですが。
いつかこのスキルが活躍できる機会があると信じてこのスキルを取得しております。


と、今回はしょうもない記事でしたが、次回あたり影葱のGHMDソロの簡易版的なものを書こうかなと。
あの記事を書いた当時とはだいぶキャラ性能も変わり、1時間ぎりぎりだったクリアタイムものんびりしてても40分代でクリア出来るようになりましたし。
トライアングルショット使ったり、弓なしでクリアしたりできるようになってきたので
そしてなにより、あの記事長すぎて見づらいですし、自分用のメモにもならないです。

というわけで近いうちに更新予定
でわまたー。

【映画】イン・ザ・ヒーロー感想

さて、またまた更新です。

前回言っていたイン・ザ・ヒーローを観てきたので感想でもー

あらすじ

下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(…

さて、またまた更新です。

前回言っていたイン・ザ・ヒーローを観てきたので感想でもー


あらすじ

下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。

引用 シネマトゥデイ


予告篇の映像はかっこいいアクション満載ですが、基本的にこの映画の比重はヒューマンドラマ : アクションが9 : 1くらいです。
ただしラストのアクションシーンはすごいです、そこだけハリウッド映画並ですw
ちなみに、唐沢氏はブレイクする前はスーツアクターをしていたということもあり、主人公のアクションはすべて唐沢寿明氏本人が演じているらしいです。



スーツアクターをしている人の中には、将来ブルース・リーやジャッキー・チェンのようなアクションスターになることを夢見て業界に入った人も少なくない。
しかし現実は、命懸けであるにもかかわらず、表舞台に顔も名前も出ず、周りの人からも「あなた役者じゃないでしょ」と言われてしまう肩身の狭さを味わっている現状。
この作品はそんな不遇なスーツアクターの現状の中、いつまでも夢を追い続けている人、何らかの理由で諦める人、諦めようかと悩んでいる人、そんな人たちの織りなすヒューマンドラマです。

PVのようなスタイリッシュなアクションシーンばかりを想像して行ったせいで多少冗長に感じましたが、熱い、そして微妙にクサいドラマには悔しいですが感動しました

まぁ・・・ご都合主義じゃないかと思ったりもしますが。

フィクションがご都合主義で何が悪い!!

と、自分は考えている(というかほとんどの作品はご都合主義ですし)
ので素直に熱い男達+女性の人間模様に感動できました。
いわゆる王道ってやつですね!


うーむ、自分で書いてても文章が微妙ですがこんなところですねー
どうにもこの手の映画の感想を書くのは苦手みたいです。
とにかく、個人的にはかなりおすすめ度は高いです、まぁ私自身が唐沢寿明氏の演技が好きだったり、ヒーローものとか結構好きだというのもありますがね。

というわけで、よければ観てみてくださーい
ではまた次回ー

鳥羽水族館!(と伊勢)

先日久々に旅行というものに行ってきました。
行先はタイトル通り三重県の鳥羽と伊勢。
鳥羽といえば鳥羽水族館!!これだ・・・!
私は水族館が非常に好きなので三重県に行くといったら鳥羽水族館は外せませんね。
SUPER AQUARIUMといってるだけあって規模も大きく展示して…

先日久々に旅行というものに行ってきました。
行先はタイトル通り三重県の鳥羽と伊勢。
鳥羽といえば鳥羽水族館!!これだ・・・!
私は水族館が非常に好きなので三重県に行くといったら鳥羽水族館は外せませんね。
SUPER AQUARIUMといってるだけあって規模も大きく展示している生物の数も多いです、珍しい生き物も多くて非常におすすめの施設です!
あの規模の水族館にいってしまうと、中途半端な水族館では物足りなさを感じるようになってしまいますが・・・

ということで鳥羽水族館で撮ってきた写真をちょっとだけ紹介!


かわうそ_s










・・・かわうそです

2匹とも同じ格好で寝ています・・・・


かわうそです・・・



マナティ_s







・・・マナティです

死んだように寝てます・・・・

マナティです・・・


マナティ2_s





こっちのマナティは起きてます!!ご飯食べてます!!
メスのマナティです!


スナメリ_s






スナメリです!
鯨の仲間の中では一番小型の種類ですねー。
非常に美しいラインをお持ちです。


スナメリ2_s









こちらはちょっと前に生まれたらしいスナメリの赤ちゃんとお母さん。




スナメリ3_s























このあとぶつかりました。







ジュゴン_s












そしてこいつが・・・!


酸素魚雷!!!





ではなく

ジュゴンです(魚雷だか潜水艦だかわかんねぇなこれ!)

鳥羽水族館といえばやはりこのジュゴンですねー。
なんと20年以上飼育されてるらしいです、どおりでジュゴンの名前に聞き覚えがあると思った。
マナティと同じように見えますが、マナティの方がすらっとしてます、スナメリはさらにすらっとボディです。

と、比較的うまく撮れてたのはこれくらいでした・・・
何せうちのスマホはシャッター速度が遅く、動いているものを取るのが非常に苦手・・・画質は悪くないのですが・・・

鳥羽水族館には、他にも今話題?らしいダイオウグソクムシ(ダンゴムシの超デカいVerで顔がプレデターみたい)とか、クリオネ、ピラルク(世界最大の淡水魚)水槽のガラスの目の前でずっと仰向けで寝てるゴマフアザラシ、5色のザリガニ、そしてなぜかカピバラなど色んなものがいすぎて思ったより回るのに3時間くらいかかりました。
このボリュームにはほんとに、満足満足ゥって感じでしたね、どこかの2本食べないと満足できないシリアルバーとは違います。(もう5時かぁ・・・)



そんな感じで海鮮料理とか食べながら二日目は伊勢神宮へー
こちらもよかったのですが、残念ながら写真はありませぬー。
少し前に改修したばかりで、建物が新しく一部はまだ改修中だったりでそれはそれで興味深かったですね。
あと五十鈴川がびっくりするぐらい綺麗でしたね。
ちなみに、伊勢神宮は連休など人が多い時期は交通規制をしていることがあるので観光に行く場合は事前に調べてから行く方がいいです。
あと砂利道を結構な距離歩くことになるので歩きやすい靴にしましょう。

そして土産物はやっぱり赤福餅ですね!買って帰るのもいいですが、現地で出来たてを食べるとさらに美味しいです、ただし物凄い行列に並ぶ羽目になりますが・・・
あと、おいしかったお土産は、虎屋ういろですね。
ちなみに名物の伊勢うどんは個人的に微妙でしたw松坂牛のコロッケもまぁ・・・高い割にはこんなもんかって感じでしたねw


そんな感じでしたが、久しぶりの三重県旅行は非常に楽しかったです、今度は熊野古道とかも行ってみたいですねー。
ちょっと困った点は、保存が効くお土産でコレ!というものがないことですねー
赤福もういろも二日くらいしか持ちませんし・・・
地酒くらいでしょうかね。
鳥羽だと真珠とか有名ですけどねぇー。


そんな感じで今回は終了―次回からはまたROの話題だと思いますよ?
と思ったけど、イン・ザ・ヒーローって言う唐沢寿明主演の映画が気になるのでそっちの記事になるかも!
スーツアクター(特撮ヒーローや怪人の中の人役)をやってる主人公がハリウッド映画の出演の依頼を受け云々っていう話ですね!
ということでまた次回ー

【小説・映画】今更ですが、永遠の0感想

何かここのところ更新ペースが早いですが、書きたいときに書かないとね!

プロフィールの欄にもあるように、映画の感想もちょくちょく載せたいと思ってましたしね。

さて、ほんとに今更ですが、2014年1月に公開され8週連続1位を記録した映画「永遠の0」と、文庫歴代売上1位…

何かここのところ更新ペースが早いですが、書きたいときに書かないとね!

プロフィールの欄にもあるように、映画の感想もちょくちょく載せたいと思ってましたしね。

さて、ほんとに今更ですが、2014年1月に公開され8週連続1位を記録した映画「永遠の0」と、文庫歴代売上1位だという原作をつい先日読み(鑑賞)ました。


それぞれの感想をまずは簡単に。

小説(原作)
・メッセージ性、エンターテイメント性に優れ非常に読みやすかったのでかなりのペースで読み終えてしまいました、評判通りの面白さでした。
・戦争を知らない人にこそ読んでほしい1冊(後ほど詳しく!)


映画
・演出(特に戦闘シーン)が非常によく作られていて、零戦が飛んでいるだけのシーンでも圧倒されるものがあるほど。
・物語の進め方がうまいので、素直に感動出来る。
・原作のボリュームを考えれば仕方ないところはあるが、かなりの部分を省きエンターテイメント向けの要素に特化されている、そのせいで原作者のほんとに伝えたかったことの多くの部分が伝わらず、戦争、特攻を題材にしたエンターテイメント映画とみられても仕方ないものに仕上がっている。



上記のように映画だけを観てしまうと、「感動する戦争映画」ぐらいの認識で終わってしまうかも知れません。
ですから、私としては、映画を観るのなら、先でも後でもいいので”絶対に小説の方を読むことをおススメします”
そして、個人的にこの作品をおススメしたい人は”戦争や特攻は当時の軍国主義による行き過ぎた愛国心によるもの、だとか、当時の人の考えは自分には到底理解できない”と言った考えを持っている人におすすめしたいです(自分がそうでした)


さてここからは詳しい感想をー、忠告しておきますが長いです。
でもまだ原作を読んでない人は最初の部分だけでも読んでいってみてくださいな。
できればネタバレしないよう注意して書きますんで!


はじめに

私は”戦争を題材にした作品が苦手です”艦これとかやっといて何を言ってるんだこいつは

何故って?

戦争を題材にした作品は大抵が凄惨で悲しい話であり、見ているのもつらいからです、戦闘シーンをかっこよく描いた作品を観ると圧倒されるものはありますが、結局は人間同士の殺し合いです。
ではなぜ、私がこの作品に興味を持ったのか。
その理由となったのは、艦これのwikiを読みつつ勉強(笑)をしていた時に目に入った紹介分でした


本作最高の見所は、宮部の人物像にある。彼(や、彼に代表されるたくさんの従軍者)が何を愛し、何を守るために戦ったのかを知った時、平静を保つことが出来る人間はおそらくいない。
あの戦争の後に生まれた、全ての人に読んでほしい作品である。


~艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki~より抜粋


前述のように私は、戦争をしていた人や特攻隊員そして、現在戦争をしている人たちは異常な愛国心を持っていたりで、自分には全く理解できない人たちだと思っている人間でした。
だからこそ、この紹介文を読んだとき「もしや自分の考えは間違っているのでは?」と思うようになりその答えが知りたくなりました、この本を読めばそのヒントが得られるかもしれない、それが動機です


上記の紹介分にある宮部というのは主人公の祖父です。
物語は現代に生きる男性が特攻隊員となり戦死した祖父宮部を知る人を訪ね、彼がどういう人物で、どう生きたかを辿っていくという形で進んでいきます。


小説(原作)
前述の通り、物語の大枠は当時の将兵や特攻隊員が何を思い、何のために戦ってたのかという部分で構成されています。
そして物語の登場人物たち、戦争当時の主要人物たちはどれもみな個性的に描かれていて、非常に面白味があります。
この二つの要素により物語が非常に魅力的で興味をそそられるものになっています。
感動する物語と魅力的なキャラクターを作るためのセオリーをしっかりわかりやすく取り入れてるな、と、個人としては感じました。
その一方、史実を基にしている作品なのに、そのわかりやすさ故に「あぁ、この作品はフィクションなんだな」と思ってしまったのは少し残念でしたが・・・
それでも、フィクションとして読めばまさに人が面白いと感じる要素がしっかり盛り込まれています
そのせいで、ちょっと読むだけのつもりがやめられず、3分の1くらい読んだところからは最後まで一気に読んでしいました。
実質の主人公である宮部のキャラクターなどはその最たるものでした、まさに物語の主人公、ヒーローといった感じでした(といってもひとひねりふたひねりはされていますが)

そして、当時の戦争の様子などは思ったよりしっかり書かれています
真珠湾からミッドウェー、ラバウル、ガダルカナル、レイテ・・・等々
登場人物が実在の人物で、戦場で体験してきたことを語ったものを書いたのではないかと思うほどです。(逆にこのせいで細かいところが違うなどと批判している方もいますが、まぁそこはフィクションということで・・・)
上で述べましたが、私の読みはじめの頃の目的、宮部が特攻に言ったのは何故かでした

そのため、この丁寧な戦争描写に最初は・・・

「かなりがっつり戦争ものじゃないか!!これ読むの大変だな・・・」

と思いましたが、少し上で書いたように、非常に読みやすくなるようにキャラやストーリーが作られていたので問題ありませんでした。
ちなみに宮部は赤城の搭乗員です。

気になるのは、回想場面での説明がしっかりしすぎててあんまり戦闘機とかに興味ない人にはクドイと感じるかもしれないということと、それだけの説明を持ってしても人によってはまだ難解かもしれないとうことですね。(艦戦、艦爆、艦攻の違いさえ分かればイケルイケルゥ!)
自分としてはもっと知りたいという感じでしたが。


このようなエンターテイメント性に溢れた物語と同じくらい重要な要素が、この小説に込められた作者のメッセージです。
当時の日本や海軍はどのようなところで、何故彼らは自分の命を賭してまで戦ったのかということから、何故帝国海軍はあんな無謀な作戦ばかりたてたのか、そして何故日本は戦争に突入したのか等についての作者の主張も書かれています。

そしてこの本を読み終えた時、私は

「この本を読んで正解だった」

と思いました。
私が求めていた問についての答えは、自分の予想とは大きくは違いませんでしたが、真実を知った時は驚きました。
そして、当時の人々や特攻隊、今現在も戦争をしている人たちへの見方は確実に変わりました、
こう書くと何やら危なげですがそうではありません。
これ以上は書きたくても自重しますが、戦争を肯定するような方向に見方が変わったわけではないとだけは書いておきます、むしろ逆です。



映画
映画版は最初に紹介した通り、かなりの部分が省かれています。
極短に言えば、戦闘シーンと感動のラブストーリーだけに的を絞った、原作とは似て非なるものです
そりゃもう、空戦のシーンは素晴らしいですよ、太平洋戦争初期の無敵の戦闘機だった零戦が飛び交う姿は非常に美しく圧倒されます、そしてレシプロ機ならではの音も味があっていいです、是非大画面で5.1ch等のサラウンド環境で観てほしい作品です。
赤城さんに、急降下爆撃が直撃→誘爆により撃沈のシーンもありますよ!

先に原作を読んでいたのもあり、感動は出来ましたが・・・そういう部分に関しては正直クドイと思いました。
あんなに大幅に他の部分をカットしたのにラブストーリーの部分は「このシーン省いてもいいのでは?」という場面もいくつかありましたね・・・
私個人としては、ちょっと露骨だったので後半少し醒めました。
しかし、クライマックスのシーンは感動ものでしたね。



ただ正直なところ・・・自分が映画だけ見ていたとしたらこの永遠の0という作品いついて

「ちょっとクドいけど感動した、戦闘シーンは非常によい、でも結局戦争物のエンタメ映画なので好きになれないな」
だとか
「宮部は本当の男だ、憧れるな」


このような単純な感想を述べていたかもしれません。
そう、映画版はエンターテイメント要素ばかりを目立たせた作りになっており、他の非常に重要な部分の多くはかなりさらっと流されているか全部カットされているのです。
そのため、この作品が「戦争賛美の娯楽映画」と批判されているのは仕方ないなと思いました。
同時に非常に残念だと思いました。


ちなみに、原作を読んでなおこの作品を「戦争や特攻を美化している」と批判している人もいるみたいです。
私としてはこの意見は理解に苦しみます、馬鹿なのか、僻んだ読み方をしたのか、何か意図があって批判しているのかとか勘ぐってしまいます。
しかしこの意見を無視するのは危険かなとも思います。
実際、私自身、この作品を気に入ったことにより、他の戦争を題材にした作品にも多少なり興味が出てきてしまっている所を考えると・・・
この作品の非常にうまいエンタメ要素はそういう意味ではたちが悪いのかもしれません、どうしても「感動」や「かっこいい」などの感情を揺さぶる要素が深く印象に残ってしまうため、観る人によっては戦争肯定の方へ多少なり傾いてしまう可能性があるのではないかと思ってしまいます
人は自分では気づかないうちに色々なものに影響され流されますし「自分は大丈夫」ほど危ないものはないとも言いますしね。


今まで、戦争物は基本的に避けて来ましたが、この本を読んで、やはり戦争反対ならばいくつかはこういう作品を読んでおく方がいいなと思いしたね。
問題はどれを読んだ方がよく、どれは読まない方がよいかですが・・・

ともあれ、最初の方に書いたように”戦争や特攻は当時の軍国主義による行き過ぎた愛国心によるもの、だとか、当時の人の考えは自分には到底理解できない”と言った考えを持っている人には一度原作を読んでみてほしいです。



ということで超長い感想終わります。
ネタバレ感想も書こうかと思ったけど記事の折り畳み方がわからないので今のところは書きません。

エフェクト装備!あとパズドラコラボイベント

前々回話していたエフェクト装備が揃いました

上段 リョースアールヴ+山茶花の髪飾り
中段 浮遊する賢者の石
下段 思念のオーラ

なかなかにぎやかでいいですね・・・!?

この装備なら人ごみだってすぐにわかります!

さらに・・・

エフェク















前々回話していたエフェクト装備が揃いました


上段 リョースアールヴ+山茶花の髪飾り
中段 浮遊する賢者の石
下段 思念のオーラ


なかなかにぎやかでいいですね・・・!?

この装備なら人ごみだってすぐにわかります!

さらに・・・


エフェク2















エンジェルステアーズも買ってみましたが・・・
これを装備すると完全にリョースアールヴが見えなくなってしまう罠が・・・
10mくらいしたんですがねぇ・・・
まぁ売ればいいか・・・

あと月と星の煌めきも追加してみた。

エフェクト2






エフェクト3




























隠れようがこの通り!!
バレバレです・・・



なかなかエフェクト装備をつけまくるとにぎやかでいいですね!
このやりすぎ感・・・悪くない
9月のコスタマも落ち葉のエフェクト装備が出ましたが・・・
思念のオーラでお金を使いすぎたのでとりあえず様子見で・・・
オーラほどほしいと思えないですし
ちなみに、一応4回やってみたけど全部ゴミでした




さて、今日でパズドラコラボイベントは終了しましたね!
今回のイベントは低レベル育成が捗るイベントでしたね・・・
おかげで、まったく育てる気のないキャラが軒並みオーラ付近まで上がりました!

それと、やっぱりメインはドロップ集めですね。
皆さんはどうでしたか?
後半はペットと衣装が完全にはずれ枠になってちょっとイラッとしましたが。
とりあえず今回の成果ー


ドロップ













闇が2個と他は1個ずつできました(アイス帽子は関係ないです)
まぁ上々だと思います。
露店で買ったのは闇1個と回復1個ですが、最後の最後に回復1個出たので実質闇を1個だけ。

まぁ作業感はありましたが、前回の残念すぎる夏イベントに比べるとモチベが維持出来る分全然ましなイベントでしたね。
個人的にはイベントとしては去年の古代遺跡イベントが一番楽しかったですねー。
そろそろ1年くらい経つ気がするんですが、2回目来ないかなと期待。
まぁあのイベントは本鯖の人が減るという致命的な欠点があるんですけどね・・・

とりあえず今回はこのあたりでー。
またネタができたら更新します。

【艦これ】艦これの主人公って?

唐突ですが、今回は初の艦これのみの記事です。
しかもネタです

まず今回のMI作戦(ミッドウェーがモチーフ)の感想を適当に
前回の記事で夏イベントクリア出来る!!とか調子に乗っていた私ですが・・・

正直なめていましたね・・・
ラスボスがあんなに強いとは思いません…

唐突ですが、今回は初の艦これのみの記事です。
しかもネタです

まず今回のMI作戦(ミッドウェーがモチーフ)の感想を適当に
前回の記事で夏イベントクリア出来る!!とか調子に乗っていた私ですが・・・

正直なめていましたね・・・
ラスボスがあんなに強いとは思いませんでした。
大体なんなんですかねぇ・・・あんな固い戦艦2体並べるとかまともに潰せるわけないじゃないですか!?

プレイヤーにできることは、編成と装備の試行錯誤、出撃してしまったらあとは祈るだけです。
しかし、ボスにたどり着く前に大破撤退の確率が非常に高く、ボスにたどり着いても、夜戦までに空母以外が大破せず尚且つ敵の随伴艦の頭数が減ることを祈り、夜戦に突入したら雷巡などの攻撃が旗艦に集中することを祈るゲーム・・・

つまりは、運の占めるウェイトが大きい!

さらに出撃ごとに疲労回復と1-1へのキラづけ作業これで10~15分取られます。
そうやって出撃したのに1戦目に大破撤退なんてざらで、ダメコン積まない場合のボス到達率は1/5程度でした。
前述の通り旗艦を撃破できる確率は低いため最後の1回のために数十回の出撃をさせられる羽目に・・・!


とまぁ、こんな感じで運要素が強い中でもなんとかイベントはクリア出来ました!!
まぁ史実では大敗をした戦いなので厳しいのは予想してましたが、ほんとにしんどかったですね。
数えてはないですが、最終ステージの出撃回数は最低50回は超えてると思います

そして何より資源が全部消えました。
えぇ、大和の修理ができなくなるくらいには資源が消えましたよ・・・

準備に時間がかかるだけにダメだった時のストレスが半端なく、減っていく資源のプレッシャーもあり毛根がやばかったですね。
でもクリアできたので結果的にはかなりいい形でイベントを終えることができました。
着任3か月ちょっとでクリアできたんだから上出来かなと思います。


と、前置きが長くなりましたが、今回の記事の本題!!!

タイトルにありますように。


「艦これの主人公って誰ですか?」



ということですが・・・
現在艦これに実装されている艦娘は約150隻もいます。
広告塔になってる島風とかは艦これをプレイしてない人でも見たことはある人は多いとは思いますが、彼女は主人公ではありません。
では誰が主人公かと言うと・・・





きたかみ













この娘です!!



ふぶき
「え!?」(公式主人公のふぶ・・・なんとかさん)



重雷装巡洋艦「北上」!!!
彼女こそ艦これの主人公!!!




ふぶき


「え・・・あの・・・私が主人公・・・」



彼女が主人公たる所以はその強さ、そしてなにより、主人公補正としか思えない程の素晴らしい活躍をしてくれるところです。



彼女の主人公らしいところをいくつかあげると・・・
・魚雷と夜戦火力が全キャラTOPで、地上目標以外ならボスだろうが夜戦でワンパン撃沈可能なうえ、砲撃戦前に戦艦すら沈める開幕魚雷を放つことができる
・主人公補正さながらの、名シーン製造艦
・駆逐艦をうざいという少し擦れた性格
・黒髪におさげというなんとも主人公らしい髪型!
・少年漫画の主人公さながら、ピンチでもギャグをかます。
・トラウマ持ち
・相方がレズ’(疑惑)

ほら!主人公っぽいでしょ!?
とまぁ、なんで私が彼女を上げたかというと・・・


前置きで長々と語った夏イベントをクリアできたのは彼女のおかげだからです。

そう・・・
2014夏イベントの最終ステージは、こちらがMI島を攻略している間に、敵の艦隊が本土近海へ奇襲に現れたという設定でした。
つまりは本土、鎮守府を守る戦い!!
防衛に失敗し、本土空襲などされれば、国全体の士気にかかわる重大事案!
まぁ、艦これで攻略失敗してもそんな大層な展開にはならないんですがw(ストーリーなんて基本的にはない)
とはいえ気分的には、この作戦は失敗したくないと思ってしまうものです。
しかし、その難易度はというと、前置きに書いた通りの超難易度
ましてやうちの鎮守府は今回のイベントをクリアするにあたってはほんとにぎりぎりくらいの戦力しかなく、さらに備蓄も直前に大型建造をしていたため十分には備蓄できていませんでした(燃弾約35k)

そんな中で挑んだ最終ステージ、ラストボス。
超火力と異常な耐久、装甲を持つ戦艦棲姫2体
旗艦の方の姫を沈めれば撃破ですが、旗艦は他の艦に庇われるためなかなかうまく攻撃が向かない。
運よく攻撃が向いても、固すぎて削り切れない場合が大半、そもそもボスにすらたどり着けず、出撃回数はかさみ、その分だけ資源は減っていく・・・
資源10000切ったあたりからはほんとにプレッシャーがやばかったです。
しかし、なんどやっても、旗艦は沈められず・・・
気づけば燃料の残りが1000を切っていました。
燃料1000というと、戦艦、空母などを運用すると、支援艦隊、修理資源も合わせると、1回の出撃で消費してしまう量・・・
つまり、私に残されたチャンスはあと1回ということになる。
これが失敗すれば、本土防衛戦に敗北、数十回の出撃が無駄になり、費やした時間、資源も水の泡と化し、精神的ダメージは計り知れない・・・
さらに先行配信である磯風も獲得できず、恐らく再び入手機会が訪れるには半年はかかるだろう。
全艦コンプを目指す自分にとってはこれもまた重大な事態である・・・

そんな史実の日本のようなどうにもならない状況でのラスト出撃。
旗艦:北上 随伴:大井 大和 千歳 加賀 飛龍の空母構成、確実性は低いが空母を攻撃可能にし、昼戦で出来るだけ敵の随伴艦を潰し、夜戦火力の高い北上 大井 大和に撃破を任せる構成。
大量に余っているダメコンもついに投入。
終わってから考えると正直あんまりいい作戦ではなかったかなぁとは思いますが・・・
夜戦で動けるのは3隻、それまでに大破していればさらに減るし・・・
まさに一発の威力に期待する構成ですね。

最後の可能性にかけての出撃は1戦目から一番の主力である北上が中破、この時点でほぼ負けを確信しましたが、わずかな可能性にかけ進軍
なんとかボスにたどり着き、飛龍大破(ダメコン積)以外は大した損害なしで突入した昼戦

まず空母の航空機による開幕航空戦

・・・・

Miss!!
無情にも表示される複数のMiss表示・・・
開幕から運が悪い・・・

次に雷巡北上 大井による雷撃


Miss!!
1発は旗艦ではない方のボスに吸い込まれカスダメしかでず、もう1発はこれまた無情にもMIss

続いて、支援艦隊による砲撃



Miss!!

・・・

・・・!?

元々命中率は低めとはいえ、調子いいとボス以外沈めることだってあるのに!?
3回も開幕攻撃があって1隻も倒せない・・・!?
いやまぁ、ボスが固すぎて、そちらに攻撃が集中した場合はこういうこともあるし、命中率も微妙なため珍しいことじゃないんですけど!!!
これラストチャンスなんですけどぉおお!?

・・・

ま、まだ通常の砲撃戦も雷撃戦もある・・・・
そこでボス以外を沈めればいいのだ・・・!

昼戦では雷巡の火力には期待できないため、昼戦の主役は戦艦大和と空母組
しかし大和の攻撃はカスダメ・・・現実は無情である。
空母組は戦艦棲姫(ボス)に一発大破させられ、航空機発艦不能により完全に置物に・・・

結果、昼戦にて1隻も撃沈出来ず、敵旗艦のHP330/400
味方被害、北上;中破 大和:中破 他:大破
今まででも最悪の部類の結果・・・
夜戦で動ける味方艦は2隻・・・
最後の最後に今までで最も絶望的な状況に
もはや夜戦へ突入する意味などない・・・


ざんねん!わたしのみっどうぇーさくせんはおわってしまった!



はっきり言ってこの時点で私は完全に今回の攻略を諦めた、正確には課金により資源を回復させる手はあるのだが・・・あまりに分が悪いし、払うお金に対して手に入る資源も少ないといわざるを得ない・・・

このラストステージの攻略にかなりの時間を費やしてきただけあってほんとにショックだった。
もはややけくそ、希望も何もないがどうせ最後だ、と夜戦突入をクリック・・・

まったく期待も持たずにその様子を眺めていたら・・・


旗艦北上の必殺の魚雷カットイン攻撃が発動・・・!


!?


だが、j攻撃が旗艦に飛ぶ確率は単純に1/6以下
それに、中破で攻撃力が落ちている北上様では攻撃力が足りないのがオチだ・・・



それでもやはり、北上様の攻撃が旗艦に飛ぶことを願わずにはいられなかった。
淡い期待を抱きつつ、魚雷が飛んでいった方向は。



敵旗艦の戦艦棲姫!!


これは・・・!?
でもまぁ攻撃力足りないでしょ・・・


と、思っていた時期が・・・私にもありました。


完全に諦めていたのでゲージが破壊されたことに驚きすぎて、いくらダメージが出たかなど見てませんでしたが、8割以上残っていたボスの体力を1発で見事ふっ飛ばして下さいました。


最後の足掻きによる出撃で、初戦中破の危機的状況、そしてボス戦での見事なまでの絶望的状況を1発の攻撃だけでひっくり返した。
もはやご都合主義の世界である、これはまさに、少年漫画の主人公によくある、主人公補正・・・!
強敵との戦闘に於いて、必ずといっていいほど、ぼこぼこにやられ、どう考えても勝てないような状況から奇跡的な一手or偶然により逆転を果たす。
そんな彼女が主人公でなくてなんなのか・・・!?
この瞬間から、私の中での艦これの主人公は重雷装巡洋艦「北上」になりました。fbk?知らない子ですね?


とまぁ、ほんとに劇的な勝利を収めた今回のイベント、なんというか・・・
あんな勝ち方をしてしまうと、それまでの全くクリア出来なかったのがもはやこの終わり方のための前ふりだったんじゃないかと思ってしまうほどですね・・・
そう考えるとあんなに苦労して、ストレスで毛根へダイレクトアタックをくらいまくっていたのもいい思い出に思えてきます、あの苦労がなければこのようなドラマティックな展開もなかったわけですしね。
たかがゲームといえばそれまでですが、準備期間や出撃準備の苦労も、撤退、敗北の嵐の苦しさやストレスも作戦完遂時の達成感も本物でしたね。
あとは、昼戦の絶望的な結果に完全に諦めたおかげで、物欲センサーにひっかからなかったという考え方も出来たり・・・
恐らく次回イベントからはもっとしっかり備蓄やらをしていく余裕があるはずなので、今回ほど劇的な展開にはならないのではないかなと期待。、
となるとある意味私の艦これにおけるピークは今回のイベントといえるかもしれませんね。
ミッドウェー海戦はまさにそれに相応しい部隊だったと思います!!

超長くなりましたが
もちろん私と同じような状況でクリア出来た人もいればできなかった人もいるでしょう。
艦これのシステム、性質上、今回の私のようなドラマティックな展開はこれからもどんどん生まれてくると思いますよ!
運営がイベントの難易度を高くしたいと言ってるらしいですしね・・・(その結果が今回のWダイソンか・・・)


とりあえず今回は全部艦これの話題の記事でした!!
次回からはまたROの話題に戻る予定!では数日のうちにはまた更新予定ですー。

ROパズドラコラボと艦これMI/AL作戦

思い出したように更新です!
現在ROではパズドラコラボ、艦これはMI/AL作戦イベント中ですね!

艦これの方は現在司令レベル101ですが、なんとかE-6まで到達しました
でもドロップの先行配信組が1体も来てない・・・!E-6で出ればいいんですが。(あと鯨さんも)
それ以前に…

思い出したように更新です!
現在ROではパズドラコラボ、艦これはMI/AL作戦イベント中ですね!

艦これの方は現在司令レベル101ですが、なんとかE-6まで到達しました
でもドロップの先行配信組が1体も来てない・・・!E-6で出ればいいんですが。(あと鯨さんも)
それ以前にクリアできるかが問題、編成にはある程度余裕はあるのでいけるかなとは思いますが、資源とバケツが・・・


そんな感じでROの方はパズドラコラボイベントですね・・・!
パズドラといえばうちの周りでも結構遊んでる人が多いですし、CMも嵐なんか使っちゃってますし、アプリのゲームランキングも常に上位だし
やっぱ人気あるんだなって感じですね、見てても結構面白そうですし。

まぁ、自分はこれ以上やるゲームを増やす余裕はないのでやりませんが
多分やったらはまるんだろうなぁw


で、イベントの方ですが・・・
前回の夏イベントのひどさと比べると旨みは大きいのでいい感じですねー
難易度は低すぎますが・・・これに関しては仕方ないかなぁ。


それにしてもドロップや卵の偏りがある気がするんですがどうでしょうか?
自分はアメリット3匹、水ドロップ3が2日程度で出てしまいました
水は微妙かなと思いましたが、一応物理追加と耐性あるんですねー、意外に使えそう。


そういえば、最近エフェクト装備や衣装が増えてきましたね!
ということで、ちょっと集めてみました!


エフェクト




(エフェクトが出る装備)
上段 山茶花の髪飾り
中段 浮遊する賢者の石
下段 (衣装)思念のオーラ







なかなか派手で悪くない・・・!
ウィスパートールハットもエフェクトっぽいですし。
あとリョースアールヴとエンジェルステアーズくらいほしいですね!?
また揃ったら記事書こうかな。
とりあえず今回の組み合わせだとこんな感じになりますね

といった感じで今回は終了
また次回適当に!

貞子3D2感想

さて前回から予告してました貞子3D2を観てしまったので更新

とりあえず簡単に感想をまとめると

・スマ4Dという発想自体は悪くない
・しかしスマ4Dの演出自体は予想以上に稚拙

そしてなにより
本編が驚くほどつまらない

まず本編について
途中で現実の場面と幻覚の場面…

さて前回から予告してました貞子3D2を観てしまったので更新


とりあえず簡単に感想をまとめると


・スマ4Dという発想自体は悪くない
・しかしスマ4Dの演出自体は予想以上に稚拙

そしてなにより
本編が驚くほどつまらない


まず本編について
途中で現実の場面と幻覚の場面が混ざるところがあるんですが、ほんとにわかりづらい、観てるこっちはかなり置いてけぼりです。
さらにストーリーも問題があり、なんかよくわからないけど謎の力で人がやられるシーンが適当に出てきて、最後に急展開があり終了という感じです。
正直かなりつまらなかったと評した前作の方が断然話はわかりやすく、面白かった。

そしてホラーシーンについてなんですが
これがまた、いきなり顔が出てくるとかそういうのが多い上に全然怖くない、怖さという点でも前作より下かなと思います・・・多少はびっくりしますけどね。
はっきりいって、スタイリッシュアクション(笑)があった前作の方がある意味での見どころは多かったです。
ほんとに今作は、場面が切り替わる→申し訳程度のホラーシーン(そもそもホラーシーンといっていいのかすら怪しい)→次の場面へ
の繰り替えしみたいな感じでかなり退屈でした。


さらに残念な点は、3D版とスマ4D版は別になっていて、3Dを楽しみつつスマ4Dを楽しめないという点、まぁ本編がつまらないので3Dとかいらないですが・・・



さて、問題のスマ4Dですが、上で述べたように、一部の演出は非常にしょぼいです。
それでも、中にはスマホの色々な機能を利用したものもあり、結構面白い・・・のですが
アプリ自体が、他の機能を利用するため、結構重いらしく・・・私の3年前くらいに買ったスマホでは途中でフリーズして再起動する羽目になりました・・・
なので、映画を前に重そうなものや不要なものは全部終了させましょう・・・
幸い私は自分用のスマホと友人用のiPadがあったため、iPadの方は正常に動いてました。

ちなみにこのアプリ、連動が確認されてからの時間で仕掛けが作動するため、1回止まったりするとずれるのですが、何箇所か同期ポイントがあるらしく、フリーズした方のスマホも途中から問題なく作動しました


と、期待外れだったスマ4Dなのですが唯一"ある仕掛け"に関してはいいアイデアだなと思いました、正直結構怖いです。
しかしその怖さを最大限に引き出すための本編が残念なのですが・・・
それでもこの仕掛けがあることにより、レンタル料金分くらいは楽しめたと思います。


で、結局この映画なんですが。
個人的には、暇があることが前提ですが、直前に書いた通り、レンタルの料金くらいなら観てもいいんじゃないかな・・・という感じです。

ただし!必ず友人などと観てください!なぜなら


一人だと超つまらないから


この映画の面白さの大半はスマ4Dの仕掛けの興味深さであり、それをノリよく楽しめる相手がいなければ、お金を払った上に時間を無駄にした状態になること間違いないでしょう。
さらに注意点は、上にも述べたように、無駄なアプリを終了させること、それと、できれば各自スマホを持ち寄る。
二人でスマホ1台になると、一部の仕掛けが一人しか楽しめず、残念なことになります、タブレットの場合は二人とも楽しめますが、一応はスマホ向けに作られているため、スマホの方がより楽しめます。

そして何より、観ようと思っている人は、スマ4Dに関するネタバレだけはみてはいけません。
見てしまうとほんとにこの映画の価値は・・・


とまぁ、酷評だらけですが、前述の通り、スマ4Dの"ある仕掛け"に関してはほんとに面白いと思いますよ。
おススメとしては、怖いのが苦手な友人を誘って一緒に観ること。
本編自体は全く怖くないので安心ですよ!?

といったところで今回はここまで。
それでは次回は未定ですが、また次回までー